勃起不全治療薬の正しい服用方法

正しい効果を得る為に

勃起不全治療薬は正しく飲むことできちんとした効果を得ることが出来ます。

服用の際の注意点も知っておこう

勃起不全の治療薬だけではなくて様々な薬に同じことが言えるのですが、正しい服用方法の知識を持って体に取り入れればきちんとした成果となって現れるものです。

薬というのは様々な臨床試験を経て効果が比較的出る、大多数の人に現れたということで厚労省から認可されるわけです。

当然薬の臨床試験の時にはきちんとした監視の元で行われる為に正しい服用方法で薬を摂取することになります。

しかし、多くの人が正しい服用方法を守らずに薬だから体にいいものだから多少は大丈夫と思ってしまって適当に服用している人もいます。

勃起不全の治療薬を服用するときというのは性行為をする為に使用するものですから正しく体内に取り入れないと効果が現れず性行為のチャンスを逃してしまうことになります。

自分が恥ずかしいと思ってしまいますし、パートナーである相手も傷つけてしまうことになるのでしっかりとした方法で服用しましょう。

1日1錠を守り24時間あける

勃起不全治療薬は必ず1日1錠を守ってください。効果が出ないとかもっと硬くなって欲しいと思ってしまうことでしょう。

バイアグラを服用する際にご飯を食べてしまったから吸収率が下がってしまうと思って2錠飲んでしまったとか言う人も居ますが、そういった使い方をすると一気に血管が拡張されすぎてしまって貧血で倒れてしまったりします。

ご飯を食べてしまったら性行為をするまでに2時間は空けるようにしてください。

また1日に何度も性行為をしたいと思うのであればレビトラやバイアグラではなくてシアリスを服用すれば1日は効果が持続するので自分の用途に応じて変えるようにしましょう。

必ず1度服用したら24時間空けるようにしましょう。

牛乳やグレープフルーツジュースの合わせて飲まない

服用する際に何と飲めばいいのか迷ってしまうという人もいますが、基本的に水やお茶と飲んだり、スポーツドリンクと飲んでもいいので、飲みやすいですよね。

さらに勃起不全治療薬はお酒と一緒に飲んでも効果は出ますからデート中にお酒を飲んだりすることもあるでしょう。

しかし、血管が拡張されてしまって一気にアルコールが体内をめぐってしまいいつもよりも酔いが回ってしまうこともあります。

お酒に強い人なら大丈夫かもしれませんが、お酒に弱い人はお酒を飲みすぎてしまって性行為どころではなくなってしまったということもありますので気をつけるようにしましょう。

とはいえお酒はリラックス効果も生んで二人の距離を縮めたりしますし、多少の興奮作用も生むので一緒に飲まないようにして30分ぐらい空けてから服用したりとお酒に弱い人は工夫をしましょう。

しかし、気をつけて欲しいのが牛乳などの脂質の多いものと合わせて飲むと吸収率が鈍くなってしまいますので一緒に飲まないようにしましょう。

次に意外と思うかもしれませんが、グレープフルーツジュースと飲まないようにしましょう。これは風邪薬なども同じでグレープフルーツジュースと合わせて飲むのを禁止しているところはおおいでしょう。

それはグレープフルーツに含まれる成分が代謝酵素CYP3A4を阻害し、代謝速度を遅くしてしまうことで血中濃度を上げ体内への薬の吸収を高めてしまいます。

身体が過剰に取り込んでしまい吸収率が上がってしまうのです。

吸収率が上がるのではいいことではないのか?って思うかもしれませんが、副作用が強く出てしまう可能性が高くなります。

副作用は、頭痛、背筋痛、めまい、潮紅などが挙げられます。副作用が酷くて性行為どころではなくなってしまうことになったら性行為を楽しめないですよね。

正しい服用さえすれば効果が出るように製造されているのでグレープフルーツを飲まないようにしましょう。柑橘類全般にいえますが、特にグレープフルーツが出やすいので気をつけましょう。

よくあるのが生グレープフルーツサワーを頼んでしまってグレープフルーツを取り入れてしまうということが多いので気をつけましょう。

デザートなどで出てくる一切れとかならばそこまで作用しすぎませんが、極力グレープフルーツは避けた方がいいです。

↑ PAGE TOP