勃起不全治療薬で妊活に影響は?

血管を拡張させる薬

あくまでもED治療薬というのは血管を拡張させるためのもので精子や卵子に影響は与えません。

不妊治療の専門医から渡されることもある

長い二人の夫婦生活を楽しんでいよいよ子供を作ろうかということで妊活をしていこうとなった時にやはり子供が出来やすい排卵日に狙って子作りをする人は多いようです。

しかし、決められた日に必ず性行為をしなければいけない。疲れていようが多少体調が悪かろうが月に1・2回しかないチャンスを無駄にしてはいけないということで意気込んで性行為をすることで勃起不全になってしまうという男性もいます。

決められた日に必ず行わなければいけないというプレッシャーだったり、性行為が作業になってしまうことでいやいや性行為をすることに対して性的興奮が生まれずに中折れしてしまうという男性は多いです。

そこで勃起不全治療薬を試したいと思っていても勃起不全治療薬で妊活に影響だったり、胎児に悪影響を及ぼしてしまうのではないか?って不安に思っている人もいるでしょう。

結論から言うと勃起不全治療薬は胎児や妊娠への悪影響というものはありません。

あくまでも血管を拡張して陰茎海綿体への血流を促し、勃起が収まるのを阻害させて長く勃起をさせる薬です。

染色体に悪影響を与えたりするようなこともないですし、精子への悪影響もありません。

今日本でも不妊に悩んでいる人は多いです。不妊治療専門の病院も多く出来ていますが、その専門医が勃起不全治療薬を男性に念のために渡すこともあります。

必ず性行為をしなければいけないというプレッシャーから勃起しなくなってしまう男性は多いので今まで何の問題もなく性行為を行えていたものが急に萎えてしまうということも多く、そんなときの為に1錠持たせておくというところも多いです。

専門医が渡すわけですから影響がないことが分かりますよね。

どうしても不安だという人は直接専門医に相談をして確認をとりましょう。

↑ PAGE TOP