レビトラ

直前に飲んでも大丈夫

ベッドインした後に服用することになっても勃起をサポートしてくれる

急な予定にも対応できる


勃起不全治療薬としてバイアグラの次に発売されたのがレビトラです。

通称第二世代の勃起不全治療薬と言われているレビトラですが、レビトラの特徴してあげたいのが即効性です。

レビトラを製造、販売したところは世界でも医療大国と言われているドイツの中で世界的に有名なバイエル薬品という製薬会社から販売されました。

オレンジ色の円形の外形で「BAYER」と表示されているのが特徴です。

主成分であるバルデナフィルが水、もしくはエタノールに溶けやすい性質を持っていてこれはバイアグラやシアリスにはない特徴です。

空腹時に処方すれば最短10分で効果を発揮するといわれているレビトラですので咄嗟のベッドインのタイミングになっても十分に間に合います。

特定の決まったパートナーがいて大体似たような時間帯や曜日に性行為をするという夫婦などではウィークエンドピルのシアリスなどが人気がありますが、レビトラの場合はまだ付き合いたてだったりでどのタイミングで性行為へと発展するのか分からないという関係の場合に非常に役に立ちます。

ホテルに急に向かうことが決まってホテルに入ってから女性を先にお風呂に入ってきなって言えばその間に服用しても問題なく効果を発揮することは間違いありません。

もちろん空腹時の状態で服用すれば効果を発揮するという話であり、食事をガッツリ摂っていたら効果は現れづらいですし、即効性も薄れてしまいます。

それでも有名なバイアグラやシアリスと勃起不全治療薬と比べたら即効性が効くので「応用しやすい薬」と言えるでしょう。

せっかく勃起不全治療薬を服用してきたのに結局その日は性行為をしなかったでは勿体無いですよね。

そういった相手との関係性がまだ微妙な時にはレビトラを持ち歩くようにしましょう。

またレビトラもシアリスと同様に「5mg、10mg、20mg」の三つの規格が用意されていますが、5mgはあまり効き目がないので処方されることはないので「10mg、20mg」の二つが多く出回っています。

10mgの場合は4時間~5時間、20mgの場合は8時間~10時間ほど効果があると言われています。

レビトラも同様におすすめは高容量のバルデナフィルが入った20mgがおすすめできます。

多く入っているほうが効果が出やすいですし、効き目も長続きします。

10時間もあれば性行為は何度か出来ると思います。午後2時に服用しても夜の0時まで効果が効きますから十分の長さと言えます。

シアリス同様におすすめは高容量のバルデナフィルが入った20mgです。

最初に20mgを半分に割って10mgで服用してそれで効果があれば常に半分にカットして使えば経済的ですし、効果があまり効かないと思ったら20mgを1錠で服用すればいいわけですのでお得です。

レビトラはシアリスと同じようにあまり食事の影響は受けないと言われていますが、シアリスよりもレビトラのほうが食事の影響を受けやすいです。

よくレビトラは食事の影響を受けづらいというところもありますが、食事はカロリーが低く、脂質の低いものを選ぶようにしましょう。

沢山の食事をとってしまったら大体2~3時間ぐらいあけるようにしないといけません。

とはいえ空腹時や腹にちょこっとだけ食事をした状態な場合であれば他の勃起不全治療薬には即効性を体験することが出来るといえるでしょう。

最短は10分ですが、30分ぐらいで平均すると効果が現れてきますから居酒屋などからホテルに向かうとなったらお会計前に1錠飲んでおけばその後はもう勃起しないのではないかという不安はないと思うので安心してください。

まだ試したことがない人は服用してみましょう。

↑ PAGE TOP