ジェネリック医薬品の効果

先発医薬品と同等の効果

ジェネリック医薬品は厳しい検査をクリアしたものだけが製造・販売を許可されます。

世界中がジェネリックの流れに

ジェネリック医薬品について紹介していきたいと思います。

勃起不全の治療薬のみならず多くの医薬品が存在をしています。ジェネリック医薬品についてなんとなく名前は知っているし、病院でもお医者さんが勧めるしなんとなく安いから使っているという人も多いと思います。

CMなどが流れていたりとどんどん認知されていることは間違いありませんがいまいちよく分からないという人のためにジェネリック医薬品について紹介していきたいと思います。

ジェネリック医薬品というのは言ってしまえば有効成分とその量は同じで、先に発売された新薬と同じ有効成分と同じ量を使って作られている薬です。

そのため新薬と同等の効果が得られるものを言います。

今まで新薬を開発した製造メーカーが特許を取ると、20~25年の間、その会社が独占的に製造・販売できます。

その特許が切れたら開発した会社とは別の会社が製造・販売をすることが出来ます。

なぜ安いの?って思うかもしれませんが、それは開発コストがジェネリック医薬品の場合大幅に抑えることが出来るからです。

新薬の開発にはおもに10年から15年ぐらいかかると言われています。症状によっても変わってきますよね。

しかし、ジェネリック医薬品の場合は先に販売されている薬があるので薬を開発するのにもそこまで期間がかからないため開発コストをかなり抑えることが出来ます。

大体開発コストで言ったら新薬の開発には100億円近くかかるケースもありますが、ジェネリック医薬品の場合は10分の1程度で済む場合もあってそのために販売価格を抑えることが出来るのです。

またよく噂でジェネリック医薬品は効果がないという人もいますよね。

しかし、最初に言ったとおりにジェネリック医薬品というの新薬と同等の効果が認められて製造販売が可能となっています。

その為に非常に厳しい試験をクリアしなくてはいけません。ジェネリック医薬品といえども3年から5年の開発期間がかかるのはその厳しい試験をクリアする為にあるのです。

具体的にどんな試験にクリアしなくてはいけないのかという

生物学的同等性試験と呼ばれる試験があり、同じ人がジェネリック医薬品と新薬を同じ条件で交互に飲んで、血中薬物濃度がそれぞれ同じように推移するかを確認する「生物学的同等性試験」。同じように効き目や安全性が出れば同等性と認められます。

他には研究開発の段階で品質を厳しくチェックをしています。

生産、市場への出荷だったり、薬を作る全ての工程で厳しい検査基準が設けられています。

そしてその後の市場に出て病院などで処方された時にきちんと効果があったのかどうかを病院を通じて情報をチェックをしていたりする医薬品メーカーもあります。

ジェネリック医薬品が効かないというのは単なるデマやたまたまその人の体質に合わなかったというケースがほとんどです。

正し気をつけなくてはいけない点が一つあります。それは“同等”という言葉です。

同等=全く同じということではないということです。同等というのは±20%以内のことを同等と言います。

最大の差で40%もの開きがあります。ジェネリック医薬品の製造会社によって薬の効果がー20%でも販売されている可能性もあるということです。

ですから非常に製造メーカーによっても実は開きがある可能性が出てくるという点です。

ジェネリック医薬品を選ぶ際にはどんな製造メーカーが作っているのかというのを見ておく必要があるかもしれませんがそこまで神経質にならなくても日本の医薬品製造会社の安全性は世界最高水準とも言われているので大丈夫かもしれません。

海外だと企業の実態があまりつかめないということで医薬品個人輸入代行サイトを使う際には十分気をつける必要があります。

↑ PAGE TOP