勃起不全の完治を目指す

勃起不全は治せる

一度でも勃起不全に陥ったらずっと治療薬を使わなければいけないというわけではない

徐々に体を変えていく

勃起不全に一度でもなってしまったらもう二度と自分の力では勃起をすることが出来ないのか?って思っている人が多いですが、そんなことはありません。

勃起不全というのは簡単に言ってしまえば血流の流れが悪くなり陰茎海綿体に十分な血流が行き渡らないことで勃起に至らなかったりします。

極端な話ではありますが、スムーズに血流が行き渡るようにすれば再び自分自身の力で勃起にいたることだって出来ますよね。

もちろん加齢によって性欲興奮が沸きづらかったり、性欲そのものが減衰してしまったりするかもしれませんが、やはり性欲がある以上は自分の力だけで勃起をしたいと思いますよね。

勃起治療薬というのは非常に素晴らしい効果を発揮してくれます。

しかし、性行為のたびに勃起治療薬を使っていたとなったら経済的な負担もかかってしまいますよね。

最初は勃起不全の治療薬を使ってスムーズに勃起をするということを実感していきましょう。勃起不全はすぐに良くなるというものではありません。

徐々に改善されていくものです。

勃起不全の治療薬を使わないで自分だけの力で勃起をするために完治を目指すためにはまずはなぜ勃起不全になってしまったのかの原因を探ることが大切です。

勃起不全の原因

勃起不全の原因というのは年を重ねたからなるという認識の人が多いです。

確かに加齢によって性欲減衰も上げられますが、それ以上に多いのが糖尿病だったり、脂質異常症、高血圧などの生活習慣によって起こる病気でなることが多いです。

特に糖尿病患者は勃起不全になってしまうことも多く糖尿病の8割が勃起不全という自覚を持っているといわれています。

勃起というのは血流が集まって勃起にいたるわけですから当然ながら血管内がドロドロだった場合は血液の流れが悪くなってしまってどうしても勃起にいたることが出来ませんよね。

糖尿病や高血圧や脂質異常症などはどうしても血流が悪くなるので勃起不全になってしまうのです。

暴飲暴食を避けて食生活を改善して正しい生活リズムで眠ることがとても重要になってきます。

また勃起不全は年齢を重ねれば重ねるほどなりやすいとされていますが、今は若いうちでも勃起不全に悩まされているという人はいます。

それはストレスだったり、ひどい疲れが重なってしまって性行為をすることすら面倒と思ってしまう人が居るわけです。

射精しないことに体が慣れてしまったら体が反応しなくなってしまって勃起不全に陥ることもあります。

他にはパートナーとなる女性から「 Hが下手 」などのひどい言葉を言われてしまったことがショックで性行為に対して苦手意識を持ってしまったり、トラウマとなってしまって抵抗感を覚えてしまったという人もいます。

勃起不全の解消としてなるべく最後まで行くことが出来なくても性行為を重ねるということが非常に重要になってきます。

今は性行為をするためのグッズなどもありますからとにかく性に対して積極的に行うようにしましょう。

運動が大事

勃起不全を解消するために運動をすることはとても大切なことです。現代社会は体を動かすということがめっきり少なくなってしまっています。

電車通勤や車通勤などで運動をする機会が減ります。階段を上り下りしたりするのもエスカレーターやエレベーターなどでちょっとした運動すらしなくなってしまいます。

それでは体内に脂質などがたまってしまったりして血流が悪くなりますよね。

体内に溜め込まないようにする為に簡単な運動から始めていきましょう。最初は当然軽い散歩だったり、最寄り駅のひとつ前に降りて一駅分は歩いてみたりしましょう。

徐々に慣れてきたら軽くランニングや水泳を始めてみてもいいと思います。

ランニングは気軽に出来ますし、全身運動ですので体内の血流も良くなります。最初は1週間で2時間を目安に走ってみるようにしましょう。

また筋トレをしようと思ったらスクワットが一番おすすめです。スクワットは最も筋量の多い部分を動かすので効果的です。

体が引き締まっていけば自分にも自信がついてきます。

運動をすることで気持ちもリフレッシュされてポジティブにもなり、男性ホルモンも分泌しやすくなるので男性は筋トレをしてメリットが非常に多いので積極的に行うようにしましょう。

↑ PAGE TOP