カベルタ

種類が沢山ある

バイアグラの勃起不全治療薬は様々なバリエーションが豊富にあります。

有名なバイアグラのジェネリック医薬品


バイアグラの特許は切れているので日本の病院で処方してもらうことは出来ます。

ただ、病院に行くのがちょっと抵抗があったり、忙しくて中々行く時間がないという人もいますよね。そこで医薬品個人輸入代行サイトを利用すれば簡単に手に入れることが出来ます。

ただバイアグラは世界で最も有名な勃起不全治療薬ですよね。

日本だけでも10社以上がジェネリック医薬品を製造・販売をしていますし、味がついていたり、水を使わない口に入れただけで簡単に解けるタイプも存在します。

色々な種類やバリエーションが誕生しているということもあり、初めて服用するにはどれを選んでいいのか分からないという人もいるのでカベルタを紹介します。

カベルタも当サイトでおすすめしているシアリスのジェネリック医薬品フォーゼストと同じ製薬メーカーであるサンファーマ社から出されています。

サンファーマ社はジェネリック大国のインド国内で第1位の実績をもち世界で第5位というものすごい世界的製造メーカーであります。

日本とは比べられないぐらいに大きな会社でもあります。

そのサンファーマ社から出されているジェネリック医薬品ですから安全ですよね。

カベルタも有効成分がバイアグラと同じシルデナフィルであることから効果や副作用はバイアグラとほとんど同じです。

PDE5を阻害して血管を拡張させて血流量を増やし陰茎海綿体に集めた上で勃起を維持させる役割があります。

形状は丸めの三角形をしていて赤い色が特徴です。

カベルタの正しい服用方法としてはバイアグラと同様に空腹時に服用しないときちんとした効果は得られません。バイアグラは食事の影響を受けやすくカベルタも同じです。

カベルタも三つの規格で販売されており、「25mg、50mg、100mg」を製造していますが、カベルタは100mgが周流ですが、100mgを使う場合は外人並に体系がいい人じゃないと薬が効きすぎてしまいますのでピルカッターなどで半分に割って使ったりすることが望ましいでしょう。

主成分のシルデナフィルが沢山入っていたらより効果が効くと思ってしまいますが、その場合副作用も大きく出てしまう可能性があります。

副作用が強く出てしまうとせっかくの性行為のチャンスも集中して出来なくなってしまう可能性もありますよね。

50mgでも日本人の体型には十分効くからこそ日本では「25mg、50mg」の二つの規格でしかバイアグラは販売されていないのです。

とはいえ購入するのは100mgのカベルタを購入したほうがいいでしょう。

万が一50mgを購入して効き目がなかったら薬が無駄に終わってしまいますよね。さらに100mgをピルカッターで半分にカットすればより値段を抑えることが出来ます。

カベルタはまとめて購入すれば1錠あたりの値段が約260円です。

そこからピルカッターで半分にカットすれば130円になります。ものすごいお得だということが分かります。

バイアグラの値段は病院で処方されるとなると1200円~1500円前後です。約10分の1にまで抑えられるので試してみる価値は十分あると思いますので是非とも利用してみましょう。

↑ PAGE TOP